Home

木星 エンジン

ヅダ(EMS-10)の前身となった機体。前述の通り、性能ではザクⅠに優っていたが、空中分解事故を起こした結果コンペンションで敗退した。 頭部や胸部、肩部シールドマウントの仕様が異なるなど、外装こそEMS-10と異なる部分は多いが、内装はほとんど手を加えられておらず、その欠点についてもEMS-10に持ち越されている。 また、後に高機動型ザクⅡを手がけるエリオット・レムもコンペにおいてこの機体にザクが勝つことができなかったと発言しており、これが高機動型ザクⅡの開発に繋がる事になった。. 一度稼働すると停止させることができず、本体の改良ができない。 3. ──「イカロス」の成功の次は、どのようなプロジェクトを?. 何かと物々しい設定であるが、作中で主に採用されたMSの駆動方式はGN粒子で発電した電気で機体各部のモーターを動かす案外古典的なものである(西暦世界のMSはそれ以前だとバッテリータイプ、さらに遡ると内燃発電が主流だった)。 アヘッド以降、疑似太陽炉搭載機では従来式のバッテリーも積載した設計が普及し、平均全高は20mクラスとやや大型化している。これはアロウズのMSハンガーでは普及規格となっていたことから、後発のイノベイド専用機も機体サイズは合わせる運びとなった。. . <イオンエンジンで行けるところについて> 参加者:イオンエンジンは、一体宇宙のどこまで行けることを想定しているのでしょうか。 國中:日本の技術で目指しているのは、木星です。木星は太陽から7. ゼロ戦は栄、金星エンジンしか積んでませんが、誉や火星エンジンは何故積まなかったんでしょうか?また54型でせっかく大馬力の金星エンジンを積んでいたのになぜ62型で栄に戻してしまったのですか? 誉について。誉は載せようと思えば載せられます。ただ海軍は零戦に航続距離を求めてい.

. 機動戦士ガンダムブレイジングシャドウに登場。型式番号EMS-10F。 制式採用こそされなかったものの少数が生産され、いくつかの部隊で運用されたヅダの改良機。 土星エンジンの欠点こそ改善していないものの、リミッターを強化する事でその問題を解決し、YMS-15ギャンのパーツを組み込むなど様々な改良が行われている。. 機動戦士ガンダム_MS_IGLOO 旧ザク ザクⅡ ヨルムンガンド ヒルドルブ ゼーゴック オッゴ ビグ・ラング ゲム・カモフ ゲルググ:こちらは生まれてくるのが遅すぎた機体 グフイグナイテッド:同じく高い性能を惜しまれ開発を続けられた機体. 木星トロヤ群探査に向けては、電圧を上げてさらに推力と燃費を上げた10μ HIspという次世代エンジンの開発もしています。 燃費が良ければ良いほどホールスラスタとも差別化できて、じゃあ木星に行くならμ10シリーズを使いましょうというように使い分け.

生体活性能力や、トランザムバーストなどの太陽炉本来の機能がなく、動力炉として特化している。 4. アニメで描かれたエンジンはさまざまで、まことに壮大な夢にあふれている。何らかのエネルギーを動力エネルギーに変えて、それを使って遠大な旅をし、強大な敵と戦う。そこには空想と現実が融合した、魅惑の発想が詰まっている。人間の想像力は、まことに素晴らしい! 1. 8倍近くに上り、国力・資源に限界のあるジオンにとってこの高コストは軽視できない問題であった。 選考の結果、コストも安く信頼性・汎用性が高いザクが正式採用・量産化が決定された。 なお、このコンペ並びに選考結果については、ジオニック社と政権の癒着や裏工作があったという説もあるが真相は定かではない。 パイロットのデュバル少佐はこれを「ヅダは政治に敗れた」と表現していた。 しかし、技術はともかくコストの問題は資源に限りのあるジオンではかなり重要であり、そもそも飛行中に空中分解を起こす欠陥兵器を正式採用するわけがないため、裏工作の有無に関わらずヅダが正式量産機になる可能性は極めて低かったと思われる。 だが、ザクの量産開始後も本機の開発中止命令は出ず、一年戦争が勃発し戦場が地上に移ってからも開発は続けられた。 オデッサ作戦の直前の10月、すでに制式採用が決定していた新型エンジンに換装し、新世代の素材、制御システムを採用した「EMS-10 ヅダ」が完成した。 この新型エンジンは通称「土星エンジン」と呼ばれ、ドム及びリック・ドムにも採用されたものである。 しかしこれは、戦況が逼迫しつつあるジオン公国が自軍や国民に対する戦意高揚および地球連邦軍に対する欺瞞、すなわちプロパガン. 単位時間あたりに生産できる粒子量が決まっている 2. 続いて実用原型の木星 エンジンを製作し、試作機に搭載。 ジオニック 社には 真似 できない エンジン 開発で 一気に 勝負へ出た。 こうして出来上がった試作機は、次期 量産機 の座を賭けて ザクⅠ と競合。. 主にザクが使用した120ミリ口径マシンガン。 予備マガジンは腰部にマウント可能。. 「一年戦争秘録」第3話で初登場。専属のジャン・リュック・デュバル少佐ら数人のテストパイロットと共にヨーツンヘイムに4機が配備され、試験が行われることとなったが、テスト中に一機が空中分解を起こし、これにより試験は中止される。そしてヅダの欠陥も連邦軍のプロパガンダ放送で暴かれてしまう。 しかし、その直後、ジオンの陸上部隊が宇宙へ脱出。この回収・救援を命じられた603試験隊は、予備機も含めた3機のヅダを出撃させる。作戦は成功し、戦力の回収には成功したが、この戦闘で隊長機は連邦のジムを救援エリアから引き離すため敵機を挑発して陽動、フル加速での機動戦闘を行い、最終的に空中分解を起こしてパイロットのデュバル少佐とともに失われた。最後までその加速力をいかんなく発揮し、連邦の兵士をして「化け物か」と言わしめる程であった。 この戦闘ののち、残った2機のヅダはそのままヨーツンヘイムに護衛機として配備され、実質上の廃棄処分扱いとなった。 時間軸では続編となる「黙示録0079」第3話では、ア・バオア・クー陥落の際、味方の撤退を援護するため2機が出撃する。連邦の物量にもひるむことなくジムとボール軍団相手に奮戦し、片腕を失うなどの損傷を負いながらも帰還・脱出している。 また、「機動戦士ガンダム黒衣の狩人」においては愛機であるザクⅡを撃墜されたウォルフガング少佐の補充機体として充てがわれている。 しかし、大気圏ぎりぎりの宙域をパトロールする同少佐の隊にはろくな補給が回される事が無く、組み立て途中で工場に廃棄されていた機体を流用しているに過ぎない。 なお、当作品に登場した機体はタイトルが示すようにパイロットのパーソナルカラーである黒にペイントされているほか、「IGLOO」劇中とはアンテナの形状が若干異なる。. 現行の化学反応を利用したロケットでも450日で火星への往復航行が可能であるし、核分裂エンジンが実現すれば必要な期間は2分の1~3分の1になる。 だが、恒星は遠い。現行の化学ロケットでは、木星への往復航行には少なくとも3年を要する。.

ザク・マシンガンと同じくザクによって運用されたバズーカ砲。 主に対艦攻撃で威力を発揮する。. 火星 (エンジン) 火星 (エンジン)の概要 ナビゲーションに移動検索に移動金星をベースに排気量を拡大したエンジンであり、誉の登場まで日本では最大の馬力を発揮したことから自社のみならず他社の機体にも多く採用された。. ロボットアニメの中にも、現実的なエンジンが登場するものがあった。例えば「戦闘メカ ザブングル」(1982~1983年)。 ザブングルのエンジンはガソリンエンジン。燃料は当然ガソリンで、ハンドルやペダルなど車と全く同じ装置で運転する。 このザブングル、姿勢によってはガソリンが胴体を巡るパイプの中をうまく流れていかず、動けなくなったりしていた。ガソリンという液体を燃料にしていれば、起こり得ることだ。まことにリアルである。 これとは対照的に、壮大な架空のエンジンを発想したアニメといえば「宇宙戦艦ヤマト」(1974~1975年)であろう。そのエンジンは、物語の根幹にも関わるものだった。 西暦2199年、地球はガミラス帝国の遊星爆弾攻撃で滅亡まであと1年に迫っていた。そこへ、イスカンダル星の女王・スターシャからメッセージが届く。「イスカンダルには爆弾による汚染を除去する『コスモクリーナーD』がある。それを取りに来るように」と。 ところが、地球からイスカンダルまでは14万8000光年。1年以内に帰還するには、空間を跳躍する「ワープ」が必要だが、地球にその技術はない。ところがスターシャは、ワープを可能にする「波動エンジン」の設計図もメッセージと共に送ってくれていた。何と行き届いた宇宙人であるか! この波動エンジンには、もう一つの使い方があった。それが生み出すエネルギーを艦首から前方に発射する「波動砲」である。その威力はすさまじく、航行中に立ち寄った木星ではオーストラリア大陸ほどもある浮遊大陸を消滅させた。 つまり、波動エンジンのおかげで、ヤマトは遠大な旅に必要なエネルギーと、敵を攻撃するためのエネルギーを手に入れたわけである。 波動エンジンについては、アニメの中でも科学班の真田(志郎)さんが説明したりしていたが、簡潔にまとめてある書籍を参考に考えてみよう。 「宇宙戦艦ヤマト画報」(竹書房)には、こうある。「ひとつの小宇宙にも匹敵するエネルギーを封じ込めた波動エンジン内部は“閉ざされた宇宙”とも言える」。 「宇宙戦艦ヤマトメカニック大図鑑1」(バンダイ)は、こう記す。「一つの小宇宙にも匹敵するエネルギーが封じ込まれており、とくにワープ航法時の操作を誤ると、暴走して宇宙全体を吹き飛ばしかねない」。 何と、エンジンの中にエネルギーが封じ込められている!これは車のエンジンの中に、動. なかでも最も重要な作業は、米東部標準時で7月4日の午後11時18分(※日本時間7月5日午後0時18分)に開始される35分間のエンジン噴射だった。 木星の重力に捉えられる程度まで探査機のスピードを低下させる作業だ。. 圧倒的なまでの加速性能は当時のMSの中でも群を抜いており、一説では重量こそ61tとザクIより重いが最大推力58,700kgとされている。これはRX-78 ガンダムおよびジムの55,500kgを大きく凌駕する驚異的な数値である(ただし重量はガンダムおよびジムの方が軽い)。 前述のデュバル少佐のヅダを全速力で追いかけたジムも、結局追いつくことができず最終的に3機が空中分解を起こしていた。このことからも、ヅダのエンジンがかなり高出力であったことがうかがえる。 これを超える推力としてはゲルググの61,500kg、同等のものではリック・ドムの58,000kgがあるが、やはりヅダより軽い。機体の性能差で考えると、ヅダの場合は重い機体を高出力エンジンで無理矢理飛ばす形になっているので、やはり機体に対してエンジン性能が過剰であったと考えるのが妥当と思われる。 一部のゲームなどにおいてはザクよりも軽装甲な機体となっていることがあるが、「ゴーストファイター」の名の通り、開発記録については詳しいことは不明であり、「装甲を削って機体軽量化による高加速度を実現した結果、空中分解する欠陥を抱えた」というのも推測の域を出ない。また、劇中ではオリヴァー・マイが『EMS-10が分解する際の加速度曲線の数値はEMS-04のそれとほとんど同じだった』という趣旨の発言をしている描写があり、一部では、ヅダは機体どころかエンジンすら改良されていなかったのではないかという見方もある。 いずれにせよヅダというMSは、その性能そのものは高いながらも、性能に技術力が追い付かず、最後まで時代に翻弄され続け、時代の流れの犠牲となった悲劇の機体であると言える。 木星 エンジン もし、この過激なエンジン出力に耐えられ、なおかつ運動性と機動力を犠牲にしないような機体が作れていたら、一年戦争の結末は違うものになっていたのかもしれない。 ある意味早生まれしすぎた機体ともいえる。 一方で、ザクⅠとのトライアルはエリオット・レムをして「勝負に負けて試合に勝った」としてザクの安定性を維持しつつヅダに匹敵する性能を確保するという目標で高機動型ザクⅡを開発するに至っており、加えてウォルフガング少佐が運用した機体はそのエンジンの欠陥が、多くの人命を救う重要な役割を担う事になる。 木星 エンジン ヅダが「空中分解を引き起こす危険極まりない欠陥兵器である」という事実は拭い. 「はい。マンスフィールド機には木星エンジンの試作型を、ハルトマン機にはモビルスーツ用osのβ版を搭載しておりますので。」 「木星エンジンだと!?強度は大丈夫なのか?」 それって確かヅダを空中分解させたやつだよね?? 「はい。.

なお,一説によるとems-10に搭載されていた土星エンジンは,実際にはems-04の木星エンジンと大差ないものであったという。これによって,問題点が明らかとなったことで,ms-09r用エンジンは,安定したものとなったとも言われている。 関連項目. 使い捨て式のロケットランチャー。 シールド裏にマウントされ、機動戦や対艦戦に用いられた。. 試作エンジン「水星エンジン」から実用原型システム「木星エンジン」を経て完成した。 亜鉛や鉛などの重元素を使用する広域推進剤技術が使用されており、軽い元素を使用する推進器と比較して大推力が得られる。. 木星 エンジン ソーラー電力セイルとは、 太陽 の光からの電力でイオンエンジンをはたらかせて進む宇宙船(ソーラー電力セイル)と光圧を利用したソーラーセイルとを組み合わせたものです。この計画では6年かけて木星に到着し、木星を周回して外側から観測したり.

火星(かせい)は、第二次世界大戦期に三菱重工業が開発・製造した航空機用空冷 星型エンジンである。 社内呼称はa10、海軍略符号はmk4、陸軍ハ番号はハ101及びハ111、陸軍制式名称は一〇〇式一五〇〇馬力発動機、陸海軍統合名称はハ32。. SFドラマに登場する宇宙旅行を可能にする「反物質エンジン」。これを本当に開発するための Kickstarter プロジェクトが開始. 裏切り者たちが奪ったデータにより作成されたGNドライヴ。別名「T(タウ)型」。 作中ではCB側から「疑似太陽炉」と呼ばれているためあたかも偽物であるかのような印象を抱きやすいのだが、実際には粒子生成の手法として最初に開発されたのはこちらであり、GNドライヴ[T]はそれを再現したいわば『初期型太陽炉』と言うべきものである。 資料によって発生原理は差異があり、『電力を使ってGN粒子を生成する変換炉』とするものと『GNドライヴと同様の粒子加速を行って陽子崩壊発生』の二種類に大別される。後者の原理なら出力や基礎原理などはオリジナルと変わらないが、TDブランケットを装着していないためやがては内部での陽子崩壊が蒸発し粒子生成は立ち消える。そして、再稼働させる際は再び始動機で内部の粒子加速を発生させなければならない。 (一応、出力を絞り、自前の発電力を維持に回し、更に外部から継続して電力供給を受け続ければ稼働を続ける事は出来る模様) またオリジナルの生成するGN粒子が緑色なのに対して、こちらは赤(セカンドシーズンではオレンジ寄りの赤)である。 その他の違いは 1. ems-10 年11月27日 15:26:21 投稿者:まーごらす 再生:10396|コメント:68|マイリスト:50. 原子核を融合させる際に生じるエネルギーを利用する動力機関。ガンダム世界、特に宇宙世紀作品ではエネルギー発生機として「ジェネレーター」と呼称されるのが一般的。 宇宙世紀では、「ミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉」と呼ばれるタイプが主流となっている。これはミノフスキー物理学を応用し、Iフィールドでプラズマを封じ込める事で高温高圧縮状態の維持を行い、熱核融合炉実現の為の技術的ハードルを解決した物である。また、この技術によって数百m~km単位のサイズを有する炉をm単位サイズまで小型化したとされている。稼働により電力や熱エネルギーなどが産出される他ミノフスキー粒子も副次的に生成される。これらのエネルギーの生成が行われる期間は長く実質的に無尽蔵と呼べるレベルの期間作動し続け人為的な操作による動作停止や破壊以外で停止する事は無い。 M&Y型の問題点として、燃料となるヘリウム3が高圧環境下でミノフスキー粒子と結合することで臨界反応が発生し、ジェネレーターに直撃被害を受けた場合臨界爆発を引き起こす点が挙げられる。この爆発の威力はスペースコロニーの外壁に容易に穴を開けてしまう規模のため、コロニー内でのモビルスーツ戦が躊躇われる一因となっている。 第二期モビルスーツ用のジェネレーターは、ヘリウム3と重水素をIフィールドで圧縮・縮退寸前の状態で貯蔵し、炉心で直接縮退させ高出力を取り出せる改良型熱核融合炉が搭載されており、これによって燃料搭載スペースが縮小された他、既存の物よりも高出力化が容易となった。ただし、融合炉のシステムが破壊された場合、貯蔵されたヘリウム3がより危険なレベルの臨界爆発を引き起こすなど、そのリスクも高くなっている。 熱核融合炉はその性質上熱を発するため、これを搭載した兵器は排熱を行う必要があり特にモビルスーツにとっては推進剤と共に行動時間を決定するファクターになっている。排熱は母艦や基地機材での冷却の他、自前の冷却装置や放熱フィンで行動中に熱を処理する例もある。また、この熱を利用して推進剤に熱を添付して加熱し、推力を生み出すのが熱核ロケットエンジン及び熱核ジェットエンジンである。 スペースコロニーでは太陽光発電の他に熱核融合炉による発電も行われており、M&Y型よりも大出力を得られる従来型の大型核融合炉が用いられている。 これら融合炉の燃料は木星より採取されるヘリ. 宇宙航空研究開発機構 jaxa(ジャクサ)は、宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行う機関です。. そして将来的に、木星まで到達するミッションに電気推進機を使いたいと思います。 木星をスウィングバイできれば太陽系のいたる所に到達できるので、私たちにとって木星は、15世紀の大航海時代の喜望峰に匹敵しています。. ジュノーは、木星の強い放射線帯から電子機器を守るため、大きな弧を描いて繰り返し周回して、木星に近づく時間を最小限に抑えている。 nasaはジュノーの小型ロケットエンジンを昨年10月に噴射。.

木星へ、ようこそ! 緊迫した35分間のエンジン噴射後、 NASA の探査機ジュノーはアメリカの独立記念日にあたる4日夜遅く、木星の周回軌道への. EMS-10 例のアレ Gジェネレーションジェネシス、しよう!(直球) mylist/45813156. See full list on gundam. 初期の作品は後付けであるが、宇宙世紀に登場するMSやMAは、ほぼ全てこれが動力源と考えて間違いない。 機動戦士ガンダム 機動戦士Ζガンダム 機動戦士ガンダムΖΖ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 機動戦士ガンダムUC 機動戦士ガンダムNT 機動戦士ガンダムF91 機動戦士Vガンダム. GN粒子の毒性がそのまま残っている(セカンドシーズンで国連軍製は改善されたとも) 2.

イギリスの技術者トーマス・ニューコメンが蒸気機関を発明したのは1712年。広い意味でのエンジンの嚆矢(こうし)といえるだろう。お湯を沸かし、発生させた水蒸気の圧力でシリンダー内のピストンを動かす。燃料の石炭がシリンダーの外で燃焼するので「外燃機関」と呼ばれている。 これに対して、燃料をシリンダーの内部で燃やすのが「内燃機関」で、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンがこれに当たる。またピストンを往復させるのではなく、羽根車を回す「ガスタービン」も内燃機関の一つだ。 内燃機関はお湯を沸かす必要がないので、軽い上に起動が早い。 現実の世界において、エンジンとは、熱エネルギーを運動エネルギーに変える装置である。ポンポン蒸気の焼玉エンジンから、ロケットエンジンまで、その点は変わらない。熱エネルギーは燃料を燃やせば発生するから、手に入れやすいのだ。 では、空想の物語には、どんなエンジンが存在するのだろうか。そこで登場するエンジンたちは、現実のエンジンと一体どのような違いがあるのだろう?. 木星が恒星化するためには今の100倍ほどの質量が必要らしいです。なお、太陽は2E30Kg、木星は2E27Kgで1000倍違います。 それはさておき、 木星と太陽間は約5天文単位ですから、単純に考えて地球との距離が4天文単位、つまり太陽との距離の4倍。. More 木星 エンジン images. 米航空宇宙局(NASA)の木星探査機「ジュノー」(Juno)は、木星への接近観測を続けている。最初の接近観測でオーロラや大気、磁場、重力場に.

ユニークなエンジンを使っていたのは、ロボットアニメ「天元突破グレンラガン」(年)だ。そのエンジンは、「螺旋(らせん)エンジン」で、動力源は「螺旋力」である。 螺旋力とは何か?それは「DNAの二重螺旋構造に秘められているエネルギー」だという。それを持つ生物は「螺旋生物」と呼ばれていて、人間はもちろん螺旋生物であり、螺旋力の一つの現れは螺旋生物が進化することだという。そして、ガンメンと呼ばれる巨大ロボットを動かすために、操縦者が持っている螺旋力をエネルギーに変えるのが螺旋エンジンなのだ。 非常にオモシロイ発想だ!もちろん「DNAの二重螺旋に秘められた螺旋力」という部分は現実の科学を超えているが、「ある形のエネルギーを運動エネルギーに変える」というエンジンの本質からは外れていない。 木星 エンジン この螺旋エンジンは、驚くべき現象を起こした。主人公・シモンのガンメンは、味方のガンメンと合体しながら、ラガン→グレンラガン→アークグレンラガン→超銀河グレンラガン→天元突破グレンラガンと、巨大化していく。これも螺旋力のおかげである。そして、最終形態である超天元突破グレンラガンは、身長が銀河の直径の2倍に達する! 銀河系の2倍は20万光年だ。これは190京kmであり、アラビア数字に直して、地球の直径と比べると、こうなる。 超天元突破グレンラガン:1,900,000,000,000,000,000km 地球の直径:13,000km こんな大きさのロボットがホントにいたら、重量は全宇宙の20億倍に達するはずである。ものすごい!どれほどのエネルギーを生み出せるんだ、螺旋力! 木星 エンジン · これにより、エンジンが消え、油が高温の表面上に漏れて火災の危険が高まるということだ。 一方、先月27日にNHTSAは現代車と起亜車の各5400万ドル(599億ウォン)、2700万ドル(299億ウォン)など、計8100万ドル(約899億ウォン)の課徴金を賦課した。 GN粒子と呼ばれる特殊な光子の一種を半永久的に生成出来る装置。原理は重粒子を蒸発させることなく質量崩壊させ、陽電子と光子(GN粒子)を発生させるとある。理屈そのものはガンダムシリーズだけあって資料によってバラバラなのだが、徳間書店より発売された『機動戦士ガンダム00 ロマンアルバム』シリーズの説明では加速器によって発生した高エネルギー状態(原初の宇宙=ビッグバン直後に類似した特性を持つ)の中にあるトポロジカル・ディフェクト(位相欠陥)(モノポールも位相欠陥の一つであり、陽子に入り込むことで崩壊を引き起こす)によって陽子をはじめとする重粒子を崩壊させ、その際に強い力・弱い力・電磁力・重力といった大統一理論をひとまとめにできるものすごい物質「GN粒子」が発生するという"仮説"が掲載されている。 陽子が完全に崩壊するまでは遠大な時間がかかるためにGNドライヴは事実上無限機関として機能するが、そのままでは現行の宇宙の位相に合わせて時間とともに蒸発するため、ドライヴと外を隔てるTDブランケットで遮蔽される※1。 ※1 TD(トポロジカル・ディフェクト)ブランケットについて詳細な設定はなされていない。『ロマンアルバム』においてはTDブランケットもまたモノポールを拡大した場で形成されており、そこにGNドライヴの中枢である陽子崩壊の発生を封じ込めているという仮説が掲載されている。モノポールは高重力下でしか採取できないため、ファクトリーを木星圏に製作した理屈付けにもなるが、今のところ詳細を明言した媒体はみられない。 GN粒子はエネルギーとして活用できるほか、様々な用途を有している。 ただこのオリジナルの太陽炉にも以下のいくつかの欠点がある。 1. 原作の範囲内では地上で運用できるかどうかが不明瞭なため、作品によって地上で使えるかどうかが分かれる。 ザクと正式採用を争っていた以上、開発にあたり地上での運用は考慮されていたはずだが、ただでさえ強度に問題を抱えているこの機体が試験すら行われていない運用に耐えられるかは判断しがたい。. 宇宙世紀0071年、ミノフスキー粒子散布下の戦場での有視界での近接戦闘の有効性が明らかになったことを受けて、ジオン軍当局は連邦軍との物量差を打破しうる新兵器の開発をジオニック社、ツィマッド社、MIP社に委託した。 これに応えてツィマッド社が得意の推進装置分野の技術を活かし宇宙空間での機動性と推力を重視して設計・開発したのが「EMS-04 ヅダ」である。 宇宙世紀0075年初頭、本機はジオニック社の提出した「YMS-05 ザク」と共にジオン軍での制式採用を賭けたコンペティションに臨んだ。 格闘性能試験・飛行性能試験それぞれにおいてザクを凌駕し、軍上層部の一部からも「ヅダ勝利」の声が上がっていたが、飛行性能試験の場で空中分解事故を起こし機体を喪失、テストパイロットが死亡してしまう。 大推力、高加速、AMBACシステムを併用した急激な方向転換で機体構造に大きな負荷がかかったのが原因であり、これにより機体の強度がエンジンの加速に耐えきれないという思わぬ欠陥が露呈してしまう。 また、1機あたりの生産コストがザクの1. イオンエンジンは完成度の高いエンジンであるが、低推力である。また、1 万時間を超 える地上耐久試験が望まれ莫大な時間と費用を要するため、数値シミュレーションによ る正確な耐久性の評価が要求されている。日本は木星探査用エンジンとして5000 秒以.